リフォーム前提?マンション経営に成功する考え方

リフォームを前提にマンション経営

マンション経営をしているとだんだんと入居者が減ってきてしまうのを嘆くようになりがちです。新築マンションを購入しても十年から二十年もすると老朽化した部分が目立つようになり、昔は新しかった設備も今や古いものになってしまったという状況になるでしょう。そのため、マンション経営をするときにはリフォームを前提にしておくことが大切です。適切な管理を行えるように購入の時点でリフォームのタイミングを決めておくと失敗がありません。

経営期間を考えておく大切さ

マンション選びをするときにはリフォームを行うまでの期間と、リフォームを行ってからどれだけの期間経営を続けられるかを足し合わせて経営期間として考えると良いでしょう。少なくともその期間内にローンを返せるようにできる物件を選んでおけば資産形成に成功する可能性が高くなります。リフォームをするときに思い切った設備投資ができるように予算は十分に用意しておくと良いでしょう。そのタイミングでさらにローンを組むことも考慮しておくのも賢明です。

リフォームを終えたら次のリフォーム計画へ

マンション経営を計画的に始めて、時期が到来してリフォームを実施できたらこれでうまく経営が続けられるだろうと考えるのはまだ早いでしょう。それで想定される経営期間が過ぎたときに経営を続ける意志があるのなら、次のリフォーム計画を立てることが大切です。逆にその時点で終わりにしようと考えたら、マンションを売却するタイミングとその戦略を考える必要が生じます。マンション経営を始めたら次はどうするかという視点を常に持つようにしましょう。

景気の悪い近年では、特に会社員の手ごろな副収入源として、マンション経営に手を出す人が徐々に増えつつあります。